ED治療の流れ

電話予約(当日予約可)

  1. ED治療薬の処方を受けるためには病院に来ていただく必要があります。メールや電話での相談、郵送での処方などはできません。
  2. 当院では医師がカウンセリングから処方(会計)まで一括して行ないます。
  3. 安心して相談を受けていただくため、電話での予約をお願いします。予約の際には「ED治療薬について」と言っていただければ結構です。

予約当日

  1. 当日は予約時間までにお越しください。
  2. ED治療薬の処方は自費診療となるため、健康保険は使えません。(保険証をお持ちいただく必要はありません)
  3. 普段お使いの薬がある場合、薬の名前をメモしてきていただくとスムーズに相談ができます。心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病の薬などをお使いの方には処方ができないことがあります。
  4. 受付後、問診表に記入をしていただきます。 こちらを印刷し、あらかじめ自筆で記入してお持ち頂くとスムーズにご案内できます。
    >>問診票・承諾書[PDF:127KB]
  5. 診察は個室で男性医師が行ないます。ズボンを脱いでいただくことはありません。
  6. 診察の内容は、今までかかったことのある病気や、現在使っている薬などについての簡単な質問と、薬の使い方についての説明です。
  7. 診察後、院内でお薬を処方します。

2回目以降

電話での予約をお願いします。
予約の際には「ED治療薬について」と言って頂ければ結構です。

▲ページのトップへ

EDとは

勃起とは

陰茎には常に血液が循環していますが、普段は陰茎に入る血液(動脈血)と出て行く血液(静脈血)が同量のため、膨張が起こらず柔らかい状態になっています。 性的な興奮を受けると、神経からのシグナルによって動脈が拡張して陰茎に入る血液の量が増え、この血液が「陰茎海綿体」を膨張させることにより陰茎が硬くなります。 膨張した陰茎海綿体は静脈を圧迫するため陰茎から出て行く血液量が減り、膨張状態が維持されます。

EDの定義

EDは正式名称を「Erectile Dysfunction」といい、日本語では「勃起不全」と訳されています。「満足な性行為を行なうに十分な勃起とその維持が出来ない状態」と定義されています。

ED治療薬はどのように効くのか?

現在、販売されているED治療薬は、いずれも勃起の際の陰茎の血管拡張を助ける薬です。 性的刺激によって神経から送られるシグナルは、いくつもの段階を経て最終的に血管を拡張させます。「ホスホジエステラーゼ(PDE)」という物質は、この経過を阻害する働きがあります。ホスホジエステラーゼにはいくつかの種類がありますが、この中で「タイプ5(PDE-5)」が勃起の際の血管拡張に関与しています。ED治療薬は、このPDE-5の働きを抑えることによって勃起の際の「性的刺激→血管拡張」というプロセスを円滑に行なわせるのです。 このように、ED治療薬は血管拡張に働きかける薬剤であり、神経への働きかけを行なうわけではないので、薬を飲んだだけで勃起するわけではありません。ED治療薬には性的興奮作用や性欲増進作用はありません。

EDの原因

EDは「勃起するのに十分な血液が陰茎に流れ込まれない状態」と考えることができます。原因としては、血管や神経のトラブルや薬の内服による「生理学的」なものと、ストレスなどの「心理的」なものが考えられます。

  • 生理学的な原因としては、まず血管の障害があります。前述のように、勃起は動脈の拡張によって陰茎への血流量が増加することが必要です。しかし、血管の障害によって動脈が硬くなって十分に拡張できない状態になると、十分な血流量の増加が起こらないためEDの症状が現れます。これらの病気がなくても、加齢による動脈硬化がEDの原因となり得ます。
  • 神経の障害もEDの原因となります。勃起は神経からのシグナルによっておこります。神経が障害を受けてシグナルが送られなければ、EDの症状が現れるわけです。神経に障害を来たす原因となるのは、糖尿病などの内科的な病気、前立腺がんや膀胱がん治療の影響による神経の損傷、脊髄損傷による神経の損傷、そして脳出血、脳腫瘍などの脳の病気によるものがあります。
  • 内服している薬によってEDの症状が現れることもあります。精神安定剤、抗うつ剤、抗男性ホルモン剤、抗コリン剤、そして一部の降圧剤などは、薬の効果として神経系に働きますが、この効果が勃起に関する神経にも及んでしまうことがあるのです。
  • 一方、血管や神経には異常がないにもかかわらずED症状がある場合、心理的な原因が考えられます。

勃起には「血管の拡張」が必要なのですが、これは「血管がリラックスした状態」と考えることができます。ストレスや不安などの心理的な緊張状態が血管のリラックスを妨げることもあり、これがEDの原因となるわけです。

▲ページのトップへ

病院案内

スキンクリニック全国共通フリーダイヤル
0120-58-9696

新宿東口スキンクリニック【健康保険取扱医療機関】

所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-21-6龍生堂ビル5F
◆JR山手線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆東京メトロ丸の内線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆西武新宿線/西武新宿駅(北口)より徒歩5分
◆都営地下鉄/大江戸線 新宿西口駅(B10出口)より徒歩10分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
新宿院直通 03-5379-0229
院長
伊藤 芳憲
昭和53年 昭和大学医学部卒業
平成24年 新宿東口スキンクリニック勤務
受付
火~土/10:00~19:00 日・祝/10:00~17:00 月曜休


大宮スキンクリニック【健康保険取扱医療機関】

所在地
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-36見留ビル3F
◆大宮駅東口より徒歩4分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
大宮院直通 048-646-0233
院長
石井 良典
昭和63年 日本大学医学部卒業
平成 4年 大宮スキンクリニック開院
受付
月~土/10:00~19:00 祝/10:00~17:00 日曜休
大宮スキンクリニック地図

新潟スキンクリニック

所在地
〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代1-2-3コープ野村万代2F
◆新潟駅より徒歩5分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
新潟院直通 025-241-7175
院長
井上 裕子
平成11年 北里大学医学部 卒業
平成28年 新潟スキンクリニック
受付
月~土/10:00~19:00 祝/10:00~17:00 日曜休
新潟スキンクリニック地図

名古屋皮膚科クリニック

所在地
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-14-19富田ビル4F
◆名古屋市営地下鉄東山線 栄駅(13番出口)より徒歩2分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
名古屋院直通 052-263-9958
院長
谷田 有里佳
平成13年 北里大学医学部卒業
平成30年 名古屋皮膚科クリニック
受付
11:00~18:00(予約制)
名古屋スキンクリニック地図

京都スキンクリニック

所在地
〒600-8028 京都府京都市下京区河原町通松原下る植松町717幸兵ビル6F
◆阪急河原町駅より五条方面に徒歩5分 河原町通沿い 1F駐車場
電話番号
全国共通 0120-58-9696
京都院直通 075-361-2171
院長
七堂 由佳代
平成22年 大阪医科大学医学部 卒業
平成29年 京都スキンクリニック
受付
10:30~18:00(予約制)
京都スキンクリニック地図

大阪スキンクリニック

所在地
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-5桜橋ホワイトビル4F
◆地下鉄四ツ橋線 西梅田駅10番出口より徒歩3分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
大阪院直通 06-6455-0011
院長
李 仁熙
昭和60年 京都大学医学部 卒業
昭和60年 京都大学病院 勤務
昭和61年 大阪赤十字病院 勤務等
平成24年 大阪スキンクリニック勤務
受付
月~土/10:00~18:00 日・祝/10:00~17:00 月・木・土/10:00~18:00(電話受付のみ)
大阪スキンクリニック地図

博多天神スキンクリニック

所在地
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-13-19天神MARUビル9F
◆福岡市営地下鉄  天神駅(東2出口)より徒歩2分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
福岡院直通 092-738-7338 
院長
臼井 麻美
昭和63年 浜松医科大学医学部医学科 卒業
平成18年 博多スキンクリニック勤務
受付
10:00~19:00(日曜日診療可) 火曜休
博多天神スキンクリニック地図

▲ページのトップへ